FAQ

☆デザイン料って何?

これはもう、ダントツで言われる質問です。
では、HP製作で例えてみましょうか。

HPを作るときに必要なもの

  1. 商品やサービスのイメージ(ディレクター)
  2. 商品やサービスの良さを、きちんと伝える文章(コピーライター)
  3. その文章を表現する写真(カメラマン)
  4. デザインデータ(デザイナー)
  5. WEB上に載せる(プログラマー、コーダーともいう)

答えは赤い文字の部分です。
デザインとは、イメージ・文章・写真を、伝えるデータに変換する作業のことを言います。

☆デザイナーに頼めば、良いものが必ずもらえる?

これは、残念ながらNOです。

よく「デザイナーに頼んだのに、イメージと違うものが出てきた。」なんてお声を聞きます。
デザイナーとしては、耳の痛いお話。
ただ、クライアントに理解してほしいのは、上記でも書きましたように、しっかりとした土台があるから、良いデザインができあがってきます。
だから、ただデザイナーに任せれば、良いものができあがってくるとは限らないのです。
クライアントが、伝えたい情報やイメージを、デザイナーに伝えないといけません。
なかなか、それが難しいのです。そういうときのために、ディレクターがいますので、ご安心くださいね。

☆伝えたいことが、まとまらない

うんうん。すごいわかります。
自分の伝えたいイメージというのは、自分ではわかりにくいものです。
そういうときは、一度自分のもっているイメージを置いて
本音で話してくれる身近な人に、どう?とお話してみてください。

あなたの邪魔を決してしない人に。

そして、それがすべて、お客様目線になったとき、本当に伝わるイメージになっているのか?
自分だったら、何と言われたら心が動くかな?

ひとつひとつ順番に考えていってください。
もし、それでもまとまらなかったら、私を呼んでください。

☆料金はいくらですか?

これが一番聞きたいですよね。
では、またまたHP製作で例えましょう。

HPを作るときに必要なもの

  1. 商品やサービスのイメージ(ディレクター)
  2. 商品やサービスの良さを、きちんと伝える文章(コピーライター)
  3. その文章を表現する写真(カメラマン)
  4. デザインデータ(デザイナー)
  5. WEB上に載せる(プログラマー、コーダーともいう)

これを、どこまでやるかによるんです。
最初から最後までを製作するのか、文章と写真は用意してもらって、デザインとプログラムをさせていただくのか。
なので、まずは見積もりをしていただいた方が良いです。見積もりは無料ですので。

ただせっかく作るなら、効果の出るものを作っていただきたいです。
チラシを作ったはいいけど、全然効果なかった。なんて、悲しすぎますから。
プロに注文するのは、結果を出すことにコミットしているので、おすすめします。